納経のひとりごと

女児になりたい男のひとりごとです

プリチャンの映画(ディアマイ)を観てきました

どうも習慣づいてないと、ブログを書くのを忘れがちです。

JAPです。

 

2018/05/13

梅田ブルク7にて「劇場版プリパラ&キラッとプリチャン きらきらメモリアルライブ(ディアマイフューチャー)」を観てきました。

今回はレイトショーではなく、日曜日のお昼。かなり雨は降っていましたが、それでもたくさんの幼女、童女、そして僕を含むソロ鑑賞の大きなお友達が席についていました。

 

映画の内容は半分以上オーロラドリームと同一なので、セトリが変わった分と追加コメントしたくなった曲についてだけ書きます。

 

分岐点のやってみたコーナー、オーロラだと「どの色のタッキーが一番早く炊き上がるか」だったのに対し、ディアマイでは「どの色のタッキーが落ちてくるおにぎりを一番多く拾えるか」に競技そのものが変わっていました。

みんなも応援してね!のくだりは今回もありましたが、幼女たちはスルー。少し意外でしたが、もう今はそういう参与はあまりしなくなったんですかね。応援上映だとまた違うんでしょうか。

今回は青のタッキーが勝利、予定調和。

 

10.Dear My Future ~未来の自分へ~

みあはみあでも、華園みあの方。本編観視聴だけど、曲だけは聴いています。

これ、もともとプリティーリズムの曲なんですね。

またプリリズもアイパラも観ないとなあ。

 

11.Miss.プリオネア

これが先だったか、プリズミーが先だったか定かではありませんが、多分これであってるでしょう。

曲は好きでずっと聴いてるんですが、実はライブシーンは初見でした。

しゅうかめっちゃイイじゃないですか。セレブだし。可愛いし。

コインが舞い散るのはどうもくどいけど、そういうキャラですからね。

メイキングドラマ前のポーズが好き。

 

12.Life is Just a Miracle ~生きているって素晴らしい~

プリズムジャンプかな?連続でやってて、それに注目してたので曲をあんまり聴けてないです。

プリリズのプリズムジャンプとかには、どうも宇宙規模の技が多いように思います。最終話近くなると、どうしても規模もデカくなるんだなあ。

 

13~15.サンシャイン・ベル~すた~らいとカーニバル☆~リンリン♪がぁらふぁらんど

前曲から「運命を乗り越えて出会った二人」みたいな紹介で導入されるファララ&ガァララ。

前二曲は筐体でしか視聴したことなかったんですが、やはりかわいい。

ファララはふわりと同じく佐藤あずささんが声優ですので、可愛くないわけがない。

ガァララも、初め全く気付いてなかったんですが、黒沢ともよさんなんですよね。

可愛さは約束されていた。

そして「リンリン♪がぁらふぁらんど」ですよ。僕がこれの存在を初めて知ったのは、Youtubeに上がっているプリパラ曲のアレンジメドレーで。二人の曲は別々で知っていたので、まさか合わせて一つの曲になるとは思っていなかった(アイパラの設定を知らないため)ので、そのときは震えたものです。

劇場で初めて原曲とともにライブシーンを観て、やはり心が躍り、涙も零れました。

本編を観てからだったら、もっと感激していたんだろうと思うと勿体ない気もします。

 

変更された曲は以上ですね。

EDの「プリマ☆ドンナ?メモリアル!」ですが、再度聴くとイイですね。

ほんとに、デスマ次郎のOP歌ってたユニットとは思えない。

 

あと全体に言えることで、今さら気付いたんですが、みんな思ってたより胸がある。

プリパラチェンジしたら少し成長するとはいえ、小学生勢にも容赦なく胸が描かれています。けしからん。より注意深く確認しないといけませんね。

 

さて、次週はいよいよレインボーライブ、緑風ふわり嬢の凱旋です。

ソロ曲こそないものの、モンシュシュがあります。

しかも0-week-oldまである。Girl's Fantasyもね。

これは通常上映に加えて、応援上映も行きたいですね。

それでは。