納経のひとりごと

女児になりたい男のひとりごとです

ATCのめんたいパークに行きました

どうも、JAPです。

 

2018/06/24

日曜日ですね、書くのが遅いです。

大阪の南港にあるATC(Asia & Pacific Trade Center)にある「めんたいパーク」へ行きました。

 

同日、インテックス大阪でコミックシティという同人誌即売会が行われており、友人に誘われてそこへ行った帰り、お昼ご飯を食べるのにATCへ。

(コミックシティに行くとき、集合時間の一時間半後に到着したのは申し訳なかったと思っています)

 

f:id:jap-live:20180626131921j:image

かねふくめんたいパークです。

その名の通り、明太子を使った食品だけで形成された店舗&展示&フードコート。

「めんたいラボ」というコーナーには、明太子の歴史やら、明太子の母体(?)であるスケソウダラについての展示やら、さらには製造工程の実演展示などもあり、なかなか楽しげなところです。

フードコート、というには些か小さめでしたが、昼食はここで。

 

f:id:jap-live:20180626131927j:image

明太子紅鮭からし明太子のおにぎり

味噌汁

生ビール

めんたいソーセージ

 

おにぎりはコンビニのものよりもサイズが大きく、2つもあればかなり満足感があります。当然のように美味しい。少し辛みが強いですが、その分うまみもあふれてる。

生ビールの量が多めで、少し苦しくなりました。昼からビールを飲むのもなかなかないですし、お酒自体飲むのが久々という事もあり、かなり酔いました。

 

f:id:jap-live:20180626131949j:image

めんたいソフト。

これがまあ美味しいこと。バニラアイスの甘みが、明太子の刺激によって引き立てられて、いっそう濃く感じられる。しかし、その逆も然りで、明太子から辛みだけでなく少しの苦みも感じます。バニラの甘みとバッティングしているのでしょう。

しかし、その辛みと苦みが甘さを時々抑えてくれるおかげで、なかなかスッキリと食べることができます。これはクセになりますよ。前者が苦手な方はしんどいかも。

 

フードコートで食事をしているあいだ、ずっとBGMで「かねふく明太子の歌」なる曲が流れ続けていました。この曲が頭に残ること残ること。

「ピリッとかねふく明太子〜」のフレーズ、「明太子っ!」と余韻を切る事で明太子が強く印象付くよう工夫された曲で、まんまと術中にハマりました。

子供が歌ってるバージョンと、氷川きよしさんのバージョンと、2パターンがローテーション。後者が不意に聞こえたときの面白さよ。

 

もともとコミックシティしか予定になかったんですが、いい店を発掘しました。

僕自身はあまり南港に行く事ってないんですが、またソフトクリームを食べるために行きたいと思うくらいには好きになりました。

おすすめです。

 

では。