納経のひとりごと

女児になりたい男のひとりごとです

Oculus Go の体験に行き、結局購入した。

どうも、納経です。

 

今日は、梅田のグランフロント大阪ナレッジキャピタルへ、Oculus Goの体験をしに行ってきました。

場所はナレッジキャピタルの3F、au OSAKAです。

 

店のスタッフさんに声をかけると、体験の座席まで案内してくれました。

もっとブースみたいに空間を取ってあるのかと思っていましたが、カフェのカウンターに端末が置いてあるだけ、みたいなところでした。

 

以下、ツイッターでも書いたのですが、実際に体験してみての感想です。

・重さ

頬骨というか頬の肉にそこそこ負担がかかる。それによってスコープの位置がズレてしまうこともあった。

体験機がワイヤーでテーブルと繋がれており、行動範囲が制限されてしまうので、それが重さを感じる一因になっているのかも。

 

・装着

焦点を自動調節する機能はないのか、位置がズレると急にボヤける。

バンドは長さ調節可能、顔への装着には結構苦労する。メガネをつけたままでも装着可能で違和感もないが、メガネに触れないように装着するのは少し難しい。

また、本体スピーカーではなく別でイヤホンやヘッドホンを取り付ける場合、耳にはバンドが当たっているはずなので、ちゃんと装着できるか疑問。

没入感はきちんとあるので満足。スコープの下、鼻に当たっている部分が閉じられておらず、外が見えるのだが、それはそれでリアルの手元が見られるのは便利だった。邪魔なら何か挟むか貼るかして塞げばよさそう。

 

・音響

予想していたよりも大きな音が出ない。そして結構漏れる。

家で、静かな環境で使えば別なのかもしれないが、それでもヘッドホンは必要であるように感じた。

 

・操作性

基本的にスマートフォンと同じような操作方法なので、すぐに馴染めた。

ソフトのダウンロードなんかをしているときだと、反応が少し遅くなる。

また、ポインターで操作するので、小さなボタンを押す際などはなかなか思うようにいかない場面も。

ただ、これは慣れの問題だと思うので、総じて使いやすそう。

 

 

体験機では出来ることが限られていましたが、それでも十分でした。

いたく感銘を受けたので、帰宅して早速ポチってしまいました。64GBの高い方。それでも29,800円。

今月誕生日なので、セルフ誕生日プレゼントだと思えば傷も浅くて済みます()

届いたら、またレビューを書こうと思います。

 

 

今日はアイマスデレ6thのチケット代金とそのためのホテル代金も支払ったので、1日で凄まじい金額が飛んでいきました。

貯金はまだありますが、これだけ一気に減ると恐ろしくなります。

まあこれで当日使うお金は交通費と食費、お土産くらいで済むので良いんですけど。

 

それでは。