納経のひとりごと

女児になりたい男のひとりごとです

アイドルマスターシンデレラガールズ6thメラド2日目LVに行きました。

どうも、納経です。

 

2018/11/11

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 6thLIVE MERRY-GO-ROUNDOME!!!

埼玉メットライフドーム2日目公演に、LVで参戦してきました。

劇場はTOHOシネマズ梅田。

 

例のごとく、気になった曲だけ書きます。

 

1. イリュージョニスタ!

しょっぱなこの曲かー、と少し驚き。周年曲だし、当然なのか。

この曲で、画面には出演者が1人ずつ順繰りに映し出されていたのですが、僕は花守ゆみりさんを見つけることができず、(まさか出演してない…?)と不安になってました。

 

3.いとしーさー♡

僕はシン劇(アニメ)を全く観ておらず、二期に関しては曲すらチェックしてなかったので初聴でした。

普通ですね。良いと思いますが、特段刺さるわけでもない。

 

4.ドレミファクトリー

「U149」の曲なんですってね。僕はここ1年弱デレから離れていたので知らないんですが。連番オタク・ザンポンがU149Pで、1日目現地にいたので、感動と、現地で見られてないことに号泣していました。

ありすママ可愛い。

 

5. リトルリドル

この曲聴いたの、デレステでイベントやってた時以来でした。

曲はめっちゃ好きなんだけど、ライブで観ると飛鳥だけ浮いてるな〜と感じました。主に声がね。

 

6.メルヘンデビュー!

最高。まさかこっちやってくれるとは。全力コールしてしまいました。

馴染みの薄い曲が続く中、これはめちゃめちゃ嬉しかった。

 

8. CoCo 夏夏夏 Holiday

ゆみり!かわいい!すき!

グルグル曲ですよねぇ〜これ。なんかグルグルした人でスタッフに名前控えられた人が現地にいたとかなんとか、耳にしたので現地でやるのはリスクが高いですけど。

僕はLVですが、してませんよ。ほぼ徒手ですし。

 

10. 凸凹スピードスター

はい、問題の楽曲です。この項は長くなる上に拗らせているので、読み飛ばす方が無難かもしれません。

曲はまあいいんです。置いときます。問題はサビ前の「やれんのかお前ら」でして、僕の中の佐藤心はそんなこと言わないんですね。佐藤がこういう口調を使うのはプロデューサーやアイドル仲間に対してのみで、ファンの前だとしっかりキャラを被って演じ切ってくれる、僕の中の佐藤はそういうアイドルなんです。なのに、ファンに向けて歌う楽曲内の煽りで「やれんのかお前ら」って、それは違うだろうと思ったその時から、僕はこの曲を受け入れることが出来ていません。坊主憎けりゃ袈裟まで憎い、じゃないですが、間奏部分の「しゅがみんコール」でさえ気分が悪くなりますし、全体的に音がペラい気もします。楽曲内でウサミンを「パイセン」呼びするのも僕は嫌です。もう悪口ですね。僕は半年前くらいまで佐藤の担当Pをしていたのですが(やめたのはこれとは別の理由)、この曲をきっかけに本格的に担当じゃなくて推しに変えた方がいいと感じるようになりました。だってこれが賞賛されてる環境でPは名乗れないもの。僕の知識不足で、佐藤がファンに対してこういう口調を使う例が公式にあるのかもしれませんが、少なくとも僕の中の佐藤のイメージはもう変えられないので、この曲を受け入れられる日が来るのかどうかは未定です。メラドで聴いて、多少は気持ちは変わりましたけどね。

ゆみりが可愛いから何とか耐えてる。ほんとかわいい……すき……

 

11.銀のイルカと熱い夏

前述のように凸凹が僕にとって地雷だったので、次曲がこれで本当に助かりました。

大好きな曲でメンタルリカバリー。SEASONSは名曲揃いですね、本当に。

 

13. ハイファイ☆デイズ

まだ凸凹を引きずっていたようで、前奏からアホみたいに高まってしまいました。

聴くたびに完成度上がってる気がする。

ザンポンは顔ヤバくなってた。僕はニッコリ笑顔。

 

14. Orange Sapphire

え、むしろなんでこの曲?ってなったけど、夏テーマだからか。

大好きな昔の(僕が知ってる)曲やってくれて歓喜です。

UO買わなかったけど、やっぱりダメですね。要る。

 

16. in fact

尊死。前曲のフレデリカから座って観てたんですが、この曲はもうサイリウム振るとかそんなんじゃない。全身で静かに浸る曲だ。

初めて観た3rdの時と比べて圧倒的成長を感じさせるものだった。その間も何回か観てるけど。

 

17. Voyage

初めて聴いたうえ、この一回しか聴いてないので、もう記憶にないですが、当日の感想としてはヴィーナスシンドロームより好きでした。

 

18. わたぐも

これの前奏でザンポンに話しかけたらガチギレされました。

 

22. You’re stars shine on me

すみぺ〜これひさびさに聴いた〜

歌うとアーニャがいなくなるすみぺよ。好きだけどさ。

 

23. クレイジークレイジー

SS3Aで聴いた時はピンとこなかったんですが、今回はぶっ刺さりました。

なにこれ、めっちゃオシャレやん。およそアイドルの曲らしくない、歌唱部分の少ない構成(だと僕は感じた)。だから僕は前回違和感があったんでしょう。(僕の中にある特有の)アイドルらしさという価値観を離れれば、普通に好きな曲でした。

 

24. Broody Festa

この曲ほんとに好きで、リウム振るよりノリたい曲。

イントロでウォールオブデスやったら絶対楽しいやん、とずっと言ってます。

赤から白に変えるリウム芸が桜咲千依さんから提言されているらしいですね。徒手なら気にしなくて大丈夫ですよ()

 

27. Rockin’ Emotion

安野希世乃さん、マジでカッコいいですわ。なにあれ、声がイケメンだもんな。しかも、それは中性的ではなく、しっかり女性らしさも感じさせるカッコよさ。

朝井彩加さんもそれにマッチしていた。

 

28. Memories

100億年ぶりに聴いた。リアルに「ひぇ」て声出た。

一目見て、ラブライカじゃん!と感じました。

ええもん観ました。

 

29. Tulip

バケモンか?何とは言えないけど、凄まじく洗練されていた。これだけでも観に行った価値は十分にあったと言える。溢れるベテラン感。

「接吻」コールなんてもう出来ないね。

 

30. Absolute NIne

実は僕が初めて買ったアイマスCDがこれのシングルなんですよね。だから思い入れの深い曲です。

Tulipから連続でこれを聴けたのは僥倖でした。初心に帰ることができる曲。

 

31. ガールズ・イン・ザ・フロンティア

SS3Aの感想でも書いたと思うけど、この曲本当に良い。

「自分の足で歩けシンデレラ」という歌詞は発表当時ツイッターで呟かれまくったけど、そこのメロディラインが歌ってて絶対気持ちいいだろうな、と思う。

終演後、iTunesで買ってしまった。

 

32. Stage Bye Stage

VRの新曲だったかな。初聴で歌詞やメロディの記憶はもうありませんが、好きな曲だと話していたのを記憶しています。結構シンセがガンガンに鳴ってたような気がする。

 

 

以上です。

書きたい曲だけ、といいつつたくさん書いてしまってますね、毎回。

お目汚しもあったかと思います。申し訳ありません。

しかし、これが現在の僕の感想です。嘘はありません。

 

あの曲については時間が解決してくれるといいな。

「あんきら狂騒曲」も正直発表当時はめちゃくちゃ違和感を抱いていました。それでも、繰り返し聴いてライブでも観て、今はかなり受け入れられています。

今回もそうなれば良いのですが。

 

次はナゴヤドームですね。

僕は両日現地なので、もしお会いしましたらよろしくお願い致します。

今回は担当がいない現地参戦なので、担当増やせたらいいなと思います。

 

それでは。