納経のひとりごと

女児になりたい男のひとりごとです

シンデレラガールズ6thLIVE メットライフドーム公演1日目、のディレイ上映に行ってきました。

どうも、納経です。

 

2019/02/16

本日は、アイドルマスターシンデレラガールズの6thLIVEメラド初日ディレイ上映に参加してきましたよ。

例によって、セットリストから話したいことがある曲だけ書き、それからトークショーについて、その後全体の感想を書く感じにします。

明日は早朝からアルバイトなので、雑ーに書き殴っただけのものを投げます。

 

会場はTOHOシネマズなんばのシアター7でした。座席はMの11。最後列です。

連番者は、まいどお馴染みザンポン、だっくすくん。全員同じ高校の同期です。

 

ライブ

まず言っておきたいこと。

伊達朱里紗さん、ギャンギャンに可愛くていらっしゃる。

夢川ゆいでお馴染みの伊達さんですが、今回の衣装はとても映え映えで可愛かった。

正直、今回はゆみりちゃんよりも可愛いと感じました。

 

・HARURUNRUN

この曲、今日まで「はるらんらんらん」だと思ってました。

らん、がひとつ多い。春爛漫のもじりなんだから、「はるらんらん」なのは当たり前でした。

最近ようやくタイトルとメロディをセットで認識できた曲で、そこそこ好き。

 

・one life

去年アイマスバンドで歌ったので、思い入れの深い曲。

歌唱力はもちろんのこと、マイクパフォーマンスと振り付けがあると映えますね。

次に演る機会があったら、パフォーマンスもコピーしたいです。

 

・凸凹スピードスター

これもうダメですね。受け入れられるようになりつつあると思っていたんですが、気のせいだったようです。今日聞いて、また苦手になってしまいました。

何?この曲。

 

・炎の華

あれ、たくみんソロ曲持ってたっけ?

 

・アンデッドダンスロック

今日はこれを聴くためだけに行ったと言っても過言ではありません。

ユニット名は「エルドリッチロアテラー」というのですね。デレステのイベントコミュを読んでいないので知りませんでした。(初登場はモバなのかな?)

メラド2日目LVを観た後の飲みで、ザンポンに教えてもらって以降、めっちゃ好きな曲。

かっこよすぎる。構成もメロディもシンプルで、特別難しいことはしていないのに。

これからもぜひライブでやってほしい!

 

 

トークショー

千菅春香さんのトークのノリがいい感じ。松永涼を演じているときとは打って変わって、おっとり天然系のトークに癒されました。

杜野まこさんは、やはり苦手です。トークの感じとか。なんでしょうね、何がかはわかりませんが、どうしても受け入れられないんですよね。

安野希世乃さんが女の子女の子してて可愛い。なつきち感ゼロ。

 

 

全体

まず結論から申し上げますと、今回の上映は個人的に「微妙」でした。

それは以下の3つのポイントからです。

    1.そもそも眠い状態で会場入りした。

    2.音響がインパクトに欠ける。

    3.ディレイの観客の雰囲気が肌に合わない。

では、ひとつずつ見ていきたいと思います。

 

1.そもそも眠い状態で会場入りした。

これについては100%僕のミスですね。

ライブを観ているとすごく眠くなってしまって、少し意識が飛んでいました。具体的にはしゅーこのソロあたり。LVとはいえ、初めての経験でした。すみません。

 

2.音響がインパクトに欠ける。

開演して、まず初めに感じたのがこれでした。

妙に音が小さいのです。ともすれば、コールで容易にかき消えてしまうような、そんな音量。

せっかく映画館なのに、音圧が感じられませんでした。残念だ。

だっくすくん曰く、「サラウンド音源ではないため、正面のスピーカーからしか音が出ていなかった」とのこと。

これ、TOHOなんばだけの現象なんでしょうか。

 

3.ディレイの観客の雰囲気が肌に合わない。

普段僕は、LVを観る際はほとんど梅田ブルク7なのですが、そこと比較してコールが弱いと感じました。一部、ガチコールオタクもいましたが、全体的な傾向は弱いめ。

多分、なんばパークスシネマの方がにぎやか。

そもそも僕は開演前に「今日の上演中、俺は花守ゆみりの彼氏や」と腕組みし、ある程度彼氏面で地蔵することを決めていたのですが、コールの勢いがあまりにも弱かったので、それに合わせて結局最後までほぼコールせずに地蔵を貫いてしまいました。

また、思ったことが全て口から出るオタクが複数いて、しかもそこそこの声量で叫ぶのでうるさい。

トークショーの会場が映ったとき「あっ、衣装あるやん!すげえ!」と叫んだオタク、好きでしたけどね。

 

 

上記のように、今回のライブに僕は没入することができませんでした。

そればかりか、途中で寝てしまうという失態まで犯す始末。

数曲、聴けてよかった曲もあったので、全てが良くなかったとは言いませんが、腕時計を見ることが多かったことから僕の心情は察されると思います。

次回のLVはなんとしてもブルクを取りたいですね。

 

開演前に、乃斗さんに久々にお会いできたのは嬉しかったです。

次は23日のプリパラライブ。初のプリパラライブなので、本気で楽しみです。乃斗さんとも再エンカできるかもしれないし。

ドロレオのTwin mirror compact、および新曲に期待が高まる。

生ガァルマゲドンも、WITHも楽しみ。

本当に行きたいのは来月だけど、チケはない。

 

それでは。