納経のひとりごと

女児になりたい男のひとりごとです

キャンドゥで「CONTROLLER STAND 横向きゲーム用」を買いました。

どうも、納経です。

 

先日、100円ショップキャンドゥにて、「CONTROLLER STAND 横向きゲーム用」を購入しました。

スマートフォンで横向きのゲームをする際に使う、家庭用ゲーム機のコントローラーのような形状のホルダーです。

f:id:jap-live:20190219162538j:image

 

ラベルに書いてあることを転記しておきますね。

 

        ご使用方法

            本品をサイドに広げスマートフォンを装着します。

            後ろの支えを出すことでスタンドとして使用できます。

        幅13〜16.5cmまでのスマートフォンに対応

        サイドのホールで充電しながら使用可能!

 

ここで言われている「幅」とは、実際には高さのことです。

横向きで挟むから、その場合は幅ということになるんですね。

実際にスマートフォンを挟むと、このようになります。

挟んでるのは僕のiPhone6s。

f:id:jap-live:20190219162857j:image

 

iPhone6sの高さは138.3mmで13.83cm、それにカバーを付けているので、実際の高さは14cmと少しです。

これくらいなら余裕で挟んでくれます。

ラベルには16.5cmまでと書いておりますが、恐らく17cmくらいまでなら挟めます。

もちろん、伸ばせば伸ばすほどに耐久力は下がるでしょうから、実用性を鑑みれば13〜16.5cmということになるでしょう。

 

また、iPhoneを挟んだ状態を左から見るとこんな感じです。

f:id:jap-live:20190219164156j:image

 

このように、横には穴が空いています。同じものが両側にあります。

スマホをどちら向きで挟んでも、この穴から給電ジャックが見えるため、装着したまま充電が可能です。

ただ、コントローラー型なので、充電ケーブルを繋いでいると持ちにくくなるのは否めません。

 

また、この穴からはイヤホンジャックも覗いており、イヤホンを有線接続することもできます。

しかし、iPhoneの場合、この向きでないとイヤホンジャックが使えません。

(そもそも新しいめのiPhoneにはイヤホンジャック自体がないんですけど)

たいがいの横持ちスマホゲームは、右が上になるように作られているので、画面固定を解除して左が上になるようにしないといけません。

僕はデフォルトでそうしているので不便は感じませんが、人によっては煩わしいかも。

アンドロイドは持ってないので分かりません。

 

持ってみた感じは、ニンテンドースイッチJoy-Conグリップが一番近いと思います。

もちろんあれよりも反りが少なく、手にフィットする感じは少ないですが、スマホをそのまま横持ちするよりは遥かにマシです。

既存の携帯ゲーム機と比べても、物理ボタンのスペースが無く、操作が全て画面タッチで行われ、それには主に親指が用いられることを考えると、従来のコントローラーのようにしっかり握ることはあまりないと思われるので、これでいいのかもしれません。

 

というか、この製品の真骨頂は「コントローラー」部分ではありません。

「スタンド」であることこそ、最も評価すべき点であると思います。

背面にあるスタンドパーツを立てると、最大で45度ほどの傾斜で立てることができます。

その状態だと、下手なスマホスタンドに立てかけるよりもよほど安定した状態で、角度をつけて置くことができます。

なにせ、家庭用ゲーム機のコントローラーの背面に一本足が生えたのと同じバランスですから、しっかり三点で支えられています。

角度もまた絶妙で、画面が見やすいです。

「崩壊3rd」のような複雑な操作を要求されるアクション、「アナザーエデン」のようなフィールド移動で操作が必要なRPG音ゲー全般を除き、ポチポチをボタンを押すだけの「FGO」や「きらファン」、「にゃんこ大戦争」などのスマホゲームをまったりプレイするにはもってこいのスタンドでしょう。

 

興味本意で購入したものでしたが、予想外に便利で驚きました。

今月頭ごろから見かけ始めた気がするので、比較的新しい製品なんでしょうか。

100円ですし、少しでも「いいな」と思ったら即買いして問題ないと思います。

 

それでは。