納経のひとりごと

女児になりたい男のひとりごとです

大学時代のサークルのOBライブに2回出た話

どうも、納経です。

 

今月17日と24日は、2週続けてサークルのOBライブに出演していました。

ひとつは僕が大学時代に所属していた「Music Research Club」という軽音楽サークル。

もうひとつは同じ大学の別の軽音楽サークル「POPCHAPS」。

 

やったのはどちらもコピーで、「PENGUIN RESEARCH」と「THE IDOLM@STER」。

今回はこれらについて感想みたいなものを書きます。

(プリチャンやってるだけのおじさんではないと主張していきたい)

 

まずは「MR」の方。

場所は心斎橋Live space bar SHRIMPさん。

初開催ということもあり、5バンドしか出ないのでタイムテーブルは余裕。

身内でライブするの懐かしすぎて現役の気分、でも体は重い。

 

やった曲は「SUPERCHARGER」「シニバショダンス」「敗北の少年」「敗者復活戦自由形」の4曲。

うしろ2曲だけギタボ。

ステージの上からだと観客が照明で白飛びして見えない、その感覚も懐かしい。

2番の歌詞を1番で歌ってしまうなどミスもありましたが、総じて楽しかったですね。

ギターが心配だった曲も一番安定して引けたし。バンド演奏の一体感はやはり心地良い。

終演後、二次会まで行ったら終電無くなったのも「ぽい」経験だった。

 

次に「ポプチャ」。

場所は堺東Goithさん。

当日朝にスタジオ入って練習したら集合に遅れるというアレな始まり。

もう雰囲気からして違う。そもそも僕がポプチャのOBライブに出たのは同期に誘われたからで、僕自身はポプチャにそこまで知り合いがいません。

申し訳ないけど、顔は知ってるし話したこともあるけど、先輩か同期か分からないし、名前も知らない人がたくさんいました。

同じ大学に通ってたし、同じ軽音楽系サークルで、交流もゼロじゃなかったのに、こんなにも知らないもんなんだと驚きました。なぜか僕の名前は一方的に知られてたりするんですけど。

あと、ポプチャのライブはバンド当たりの曲数が多い。MRなんて1バンド4曲もやれば多い方なのに、ポプチャではそれで普通、むしろ少な目?なくらいという感じでした。

 

こちらでやったのは「Hotel Moonside(アレンジ・半音下げ)」「アイル(1音下げ)」「One life」「DRIVE A LIVE(アレンジ)」の4曲。

アレンジは「こーすけP」さんという方がニコニコ動画に上げてらっしゃるものを参考にさせていただきました。

正直めちゃ楽しかった。前3曲は本来女性ボーカル曲なので音域が高く、(特にアイルは)キー下げしても尚つらいものでしたが、できるだけキー変更は最小限に抑えたかったのもあり、頑張りました。

個人的に一番うれしかったのは、アイルのBメロでギターの子がハモってくれていたこと。練習の時からやってたらしいけど、マイクに乗せたのは本番が初。

 

ひさしぶりにステージに立って歌いましたが、やはり気分が良いです。

カラオケで歌うのとは比べ物になりません(難易度も高いけど)。カラオケは歌うだけですが、バンドでやると全体のサウンドを合わせないといけないですからね。

OBがOBライブをやる意味が分かりました。年に一回くらいバンドやりたいですね。

来年も出たい。やりたいバンドもある。MRの方は今回が初開催だったので、これから定着させていきたいし。

こういう、気の合う人たちと好きなことで繋がれる場は大好きなので、できるだけ参加し続けられたらうれしいですね。

 

それでは。