納経のひとりごと

女児になりたい男のひとりごとです

プリチャンのブランドコーデがプレボ期限なので厳選する

どうも、納経です。

 

(この記事は備忘録です。余人が読んでも何の参考にもならないことでしょう。でも可愛い僕のマイキャラちゃんが見られます。よろしければご覧ください。)

 

2年目に突入し、プレゼントボックスが導入されたキラッとプリ☆チャン

 

以前は独立していたブランドチャンネルは、ジュエル1弾へのアップデートとともに廃止、ブランドコーデはランクアップとともにプレゼントボックスに入ることになりました。

 

そして。

弾の移行に際してプレボに入ったコーデの引き換え期限は、昨日を含めて残り5日です。

というわけで、今のうちに自排しておきたいコーデ、そうでないコーデの区別をしておこうと思います。

 

参照した公式サイト

prichan.jp

 

今回の記事には公式サイトから画像を持ってきて貼っています。

もし何か問題がありましたら、すぐに画像は削除いたします。

 

 

持っていないコーデ

Sweet Honey

 なし

Girl’s Yell

 なし

Secret Alice

 クロックモダンパープルヘアアクセ

 ロータスチャイナレッドコーデ一式

Dolly Waltz

 セーラーマリンパステルピンクトップス

 セーラーマリンパステルピンクシューズ

 ピクニックギンガムブルーケープワンピ

 ピクニックギンガムブルーヘアアクセ

 レトロストライプピンクコーデ一式

Romance Beat

 スターダストレザーピンクトップス

 ミュージシャンイエローハット

 ペイントパターンブルーコーデ一式

Universe Queen

 キラキラフィーバーピンクスカート

 キラキラフィーバーピンクシューズ

 ファンキーファーグリーンコーデ一式

 マジックレインどしゃぶりコーデ一式

Precious Muse

 エレガントパーティーイエローコーデ一式

 ドレッシーストライプブルーコーデ一式

Cutie Happiness

 ゆるふわラブリーいちごコーデ一式

 

 

期限が迫っているコーデ

これは、ジュエル1弾への引き継ぎ時にプレボに入ったものだろうと推測されます。

つまり

キューティーハピネス-ゆるふわラブリーいちごコーデ
シークレットアリス-ロータスチャイナレッドコーデ
ユニバースクイーン-マジックレインどしゃぶりコーデ

これらのコーデについては特に急いで引き換える必要がない、ということです。

 

また、ブランドに対する僕自身の好感度も考慮します。

僕はブランドの中では

  1. ユニバースクイーン
  2. シークレットアリス
  3. スイートハニー

の順で好きです。

逆に、ドーリーワルツやロマンスビートのコーデはあまり肌に合いません。

なので、当然前者を優先して自排したいです。

 

ゆえに

ユニバースクイーン-キラキラフィーバーピンクスカート/シューズ
          ファンキーファーグリーンコーデ一式
シークレットアリス-クロックモダンパープルヘアアクセ

f:id:jap-live:20190609230144p:plain

キラキラフィーバーピンクコーデ

f:id:jap-live:20190609230218p:plain

ファンキーファーグリーンコーデ

f:id:jap-live:20190609230241p:plain

クロックモダンパープルコーデ



の計7枚を自排することになります。

しかし、僕は「ファンキーファー」シリーズがそこまで好きではありません。

これはロマンスビートのコーデではなかったのか?モデルもさらちゃんだし。

なんにせよ、いくらユニバースクイーンが好きだからと言って、ピンと来ないものを自排する必要もないでしょう。

 

ゆえに、ここで自排するのは3枚となります。

 

 

では、先ほど挙げたドーリーワルツとロマンスビートのコーデの処遇を決めましょう。

といっても、すでに自排はしなくても良いかと思っています。

ただ、ロマンスビートのペイントパターンブルーコーデ、こいつがどうしてなかなか、僕の趣味に合うんですよね。

f:id:jap-live:20190609230441p:plain

ペイントパターンブルーコーデ

ちょっとシークレットアリス感があるというか。

こいつは正直ちょっと自排したい欲がありますね。

ただ、このコーデはひとつもパーツを持っていないので、自排となるとそれだけで400円です。デカい。

んー、僕のマイキャラちゃんに似合うかといえば微妙。

なので、自排は見送り、かな……欲しいけど。

f:id:jap-live:20190610001518j:image

かわいいかわいいマイキャラのしおりちゃんです。

この顔で性格はおっとりだぞ!

 

 

残るはプレシャスミューズ。

これも自排するなら合計800円。

f:id:jap-live:20190609233046p:plain

エレガントパーティーイエローコーデ

f:id:jap-live:20190609233101p:plain

ドレッシーストライプブルーコーデ

正直、アンジュさんの美しさも相まって、とても魅力的に映ります。

我がマイキャラちゃんも、今は髪色を白くしているので、プレシャスミューズのコーデが似合う感じなんですよね。

f:id:jap-live:20190610001740j:image

大層悩ましい。

でもなあ。800は大きいなあ。

難しいかな……

 

 

そもそも何を悩んでいるのか

僕が自排がどうの、と言っているのは、もちろんプリチケの購入手段があるからです。

大阪日本橋にも、プリチケを取り扱っているカードショップはあります。

そこで買えば、筐体排出のSRまでなら大抵10~30円ほどで買えてしまう。

PRでも100円しなかったはず。

ブランドコーデにどれほどの値がついているかはわかりませんが、それでも1枚100円は切っているでしょう。

 

そんな状況で、果たして自己満足以外で自排にこだわる必要があるのか。

もちろん、カードショップに行けばブランドコーデが必ず手に入るわけではありません。

しかし、10枚に1,000円かけるのと、100~300円で済むのとでは大きな違いです。

仮にブランドコーデが1枚100円だったとして、それでも今プレボから自排するのと同額です。

 

つまり、今自排すれば1枚100円で確定ですが、カードショップで漁ればそれ以下のコストで手に入る可能性がある。

今、「自排しなければ」と焦るこの気持ちは、引き換え期限というコピーが与えた偽りの購買意欲なのではないか。

そう考えると、自排するのが馬鹿らしくなってきますね。

 

特に、プレボから出すという行為には、プリチケ印刷以外のエンタメが本当に無い。

ブランドチャンネルのときなら、1曲プレイが前提にあったので、自排にも「マイキャラちゃんのライブを1回見られる」という楽しみがありました。

しかし、今は単なる印刷作業に成り下がってしまった。ランクは上がるだろうけど、やってて楽しくはない。

 

だから、それでも自排するために、「好きなブランドだから」「好きなデザインだから」と理論武装を試みたのですね。

それでも無理なものは無理ですが。

 

 

結局どうするのか

確定で自排するのは、上述した

シークレットアリス-クロックモダンパープルヘアアクセ
ユニバースクイーン-キラキラフィーバーピンクスカート/シューズ

の3枚。

 

他にも未排出のコーデはありますが、それ以外は自排にこだわる理由が本当に無いので、カードショップで探しつつ揃うのを気長に待とうと思います。

 

今日は給料日。

また筐体に入れるお金が補充されました。

デザインパレットも買わなきゃだし、チケがご用意されたら9月のプリティーライブのチケ代も払わないとなので、そんなに余裕はないんですけどね。

 

書いて思い出したけど、ついにツアー新曲のアルバムと去年のライブ円盤が出ますね。

長くなるのでもうここには書きませんし、今のところ単独で記事にするほど長く書くこともないので、記事で書くのは買ってからになりましょう。

 

それでは。

 

P.S.

(もうノンシュガー大阪凱旋公演の記事は書くのをやめます。時期を逃しすぎました。)

 

 

古本市場で気になった漫画の1巻を買って読んだ

どうも、納経です。

 

今日は地元の古本市場で購入した漫画のレビューをしたいと思います。

どれも続き物の1巻。

 

気負いせず、適当に書いていきますね。

とてもじゃないけど文学部の表現文化学教室を卒業したとは思えない感想記事ですが、大目に見てやってください。

作品分析は専門じゃないんです。

 

 

 

雨瀬シオリ

「ここは今から倫理です。」

背表紙を見た瞬間にビビッときた。

f:id:jap-live:20190606000118j:image

これは絶対面白いと思い、表紙を見るとこれまた渋い。

僕のセンサーにビンビンきます。

f:id:jap-live:20190606000336j:image

 

高校の倫理教師、高柳先生が、担当する生徒たちと順繰りに関わっていく話。

1巻には5話、6人分の生徒の話が載っています。

生徒も事情がややこしかったり、ひねくれていたり、一筋縄ではいかない面々ばかり。

そんな生徒たちを、高柳先生はスマートに導く……なんてことはなく、ただ正面から真摯に向き合い、ときに倫理的観点から助言したりもする。

スッキリ解決するわけではないけれど、1巻ではどの生徒の話もグッドエンドで終わってる。

 

物語全体に泥臭さがありながら、毎回いいところで出てくる哲学者たちの言葉がステキ。

単なる「スゴイヒトの言葉」というだけでなく、ちゃんと高校生の現実に即して理解できるように選ばれ、物語に組み込まれている(というより、恐らく逆で、言葉に基づいて話を作っているのだろうと僕は思いますが)。

作品全体が重苦しい雰囲気であるからこそ、名だたる哲学者たちの名言がキラリと光る、良い漫画に出会えたと思います。

 

(高柳先生のcvは武内駿輔氏の声で脳内再生されます)

 

 

 

原作:長田トヒキ、漫画:オオイシヒロト

「ナリカワリ」

これはTSF界隈で目にしたことがあって、たしか以前1話だけネットで試し読みをしたことがあります。

興味自体はあったし、いずれ購入する予定だったので本日購入。

f:id:jap-live:20190606000256j:image

 

いじめの対象になってしまった安藤万里雄くんが、他人に憑依できるステッカーを手に入れるお話。

正直な話、100%性癖を満たすこと目当てで買いました。

しかし、1巻には残念ながら該当描写はなし。

厳密には最後の最後に2巻への引きで女性にステッカーを使う展開になったので、性癖的な意味では2巻が本命でしょうね。

 

ステッカーの設定がわりと凝ってて良い。

枚数を増やすためには他人から奪うしかない、というのはドラマを生むためには必要だよなあ。

枚数が0になったら所有者は死ぬ。これ、ウサテンの例からしてナビに食われるんだろうな。

アルベールが欲望云々言ってるし、QB系のマスコットかな。

コンプワードはどうも「所有者の欲望するもの」が一単語で選ばれてるっぽい?なら相手のことをよく知っていれば予想することもできるだろうし、予想が当たった場合はコンプワード見なくてもステッカー奪えるのかな。

 

性癖的にも考察的にも楽しめそうな漫画です。

 

追記

コンプワードって、モロに「コンプレックスワード」の略かコレ。

何に対してコンプレックスを抱いてるか。

 

 

 

稲葉みのり

源君物語

今回一番の当たり。

この漫画を知ったのはついこの間。きっかけは忘れましたが、源氏物語を踏襲した恋愛もの、しかもラブコメじゃなくて成人コミック。

こりゃあ読むしかねえと思い、これはたまたま見つけたのではなくて探して購入しました。

f:id:jap-live:20190606000356j:image

 

紫雲大学の新入生、源光海(てるみ)くんはその辺の女子よりもかわいい顔をしている。

光海くんはある事情で同棲することになった源氏物語研究者の叔母から、研究のために光源氏のように14股をかけることを依頼される。

というお話。

 

まず、稲葉先生の描く女性キャラが好みすぎて困る。

光海くんの叔母、藤原香子さんがマジで好き。

ポーカーフェイスで人を食ったような尊大な言動、浮世離れした雰囲気、研究のためなら恥ずかしげもなく肌を出す積極性などなど……えちえちですこ。

光海くんが香子さんの乳首をブラの上から吸って噛むシーンがなぜかお気に入り。正直興奮した。

次点で月子(といってもまだキャラ全然出揃ってないですけど)。

 

こういうふうに、露骨に性表現の入った恋愛漫画は久し振りに読んだので、多少驚いています。

ガッツリキスシーンあるし、胸揉むし、wikiで確認したら、これ以降普通に本番もあるみたいじゃないですか。

いやあ、つくづく良い漫画を発見したと思います。

エロは偉大。

 

紫雲大学という名前で初めに思い出したのは、「紫だちたる雲の細くたなびきたる」。

枕草子』の序文ですね。「春はあけぼの」に続く部分。

2巻以降、どこかで『枕草子』も絡んでくるんでしょうか。あっちは清少納言ですけど。

 

 

 

じゅうあみ

我らひとしくギャルゲヒロイン

本来、今日買おうと思っていたもの。

f:id:jap-live:20190606000419j:image

恋愛シミュレーションゲームドキドキ学園❤︎すとろべりぃぱらだいす」の攻略対象ヒロインでありながら、バグにより自らがゲームキャラで攻略対象であることに気付いてしまった【幼馴染】、【義妹】、【委員長】、【親友】たちの4コマ。

 

たとえ誰かのルートが終わっても、主人公(プレイヤー)が満足するまで何度も初めからやり直す、しかもバグったキャラは記憶と好感度引き継ぎ有り。

この設定のせいで、ギャルゲがネタなのに主役キャラの恋愛は皆無。むしろ初期は主人公との恋愛フラグを折りたがっている。

というか、主人公がほぼ出てこない回も少なくない。

如何にして主人公との個別ルートを回避しつつ満足させるか、あるいは他のヒロインが攻略されている間どうやって過ごすか、主人公の周回プレイが終わったらその後の人生をどう過ごすか、の3点が基本的な話の大枠。

 

それにしても、この4人は「主人公が周回プレイをやめたら役割に縛られない自由な人生を生きられるようになる」と能天気に考えているが、自分がゲームキャラだということを忘れているのかな。

主人公が周回プレイをやめたら、そこにゲームキャラの存在余地はないというのに。

まるで自分たちにはその先の未来があるかのような物言いに、切なさを禁じ得ません。

 

好きなキャラは義妹の小桃ちゃん。

あざとかわいい天然系妹キャラかと思いきや、バグの影響か時折すごく理性的な発言をするし、将来の夢で「30前に結婚して男の子と女の子一人ずつ産みたい」なんて言うような子。

バグと環境によって経験を積むことで、かわいいだけの妹キャラではいられなくなってしまったのだろう。

そう考えると愛おしくなる。

 

 

 

おわりに

以上の4作品に触れました。

どれも面白かったので、2巻以降も継続して読もうと思います。

(すさまじくペラペラな感想)

もう家に漫画を置くところがなくなっていて困っていますが、まあなんとかなるなる!

 

それでは。

 

 

キラッとジュエルを追加購入(青&黄)

どうも、納経です。

 

新年度になってから、どうも更新が少ないですね。

書く書く詐欺を更新している「プリパラライブツアー」の記事とか、もう書ける気がしてないです。

 

今回の主題

キラッとプリ☆チャン』のキラッとジュエルを追加で購入した報告です。

あと、プリパラのコンプリートアルバムBOXも買いました。

 

以前購入記事を上げたジュエルパクト。

僕が買ったエレガントパープルDXには桃、金、黒のジュエルがセットで付属しておりました。

それぞれ桃山みらい、金森まりあ、黒川すずに対応したジュエル。

 

これがピンクのジュエルパクトだと、桃、青、黄の三色が付属しています。

今回は、そのうち不足していた青と黄のジュエルを単品購入しました。

 

 

えも&りんかジュエルセット

 

f:id:jap-live:20190525224346j:image

ちゃんとプリズムストーンで買いましたよ。

別にネックレスチェーンはいらないんだけど、まあいいか。

金・黒のセットには更に使わないであろうブレスレット用ベルトが付いているので、こちらはまだマシでしょう。

 

取り出して見るとこんな感じ。

f:id:jap-live:20190525224600j:image

 

金・黒が独自の形態を持っているのに比べ、これらは桃と同じデザイン。

まあチームですし、揃えてるんでしょうね。

 

パクトに挿して光らせました。

f:id:jap-live:20190525224716j:image

 

f:id:jap-live:20190525224727j:image

 

いや綺麗やわ。

好き。

f:id:jap-live:20190525224802p:image

このりんかちゃん思い出してエモくなる。

これで青と黄のコーデを作れるようになりました。

 

現状出てるジュエルは揃ったはず。

はやくめるめるのパープルジュエルが欲しい。

たのむぞ公式さん!6月末あたりに出るんだろうけど!

 

 

プリパラ&アイパラ コンプリートアルバムBOX

f:id:jap-live:20190525225011j:image

 

ジュエルと一緒に買っちゃった。

¥10,800はそこそこ重いけど、CD11枚組はすごいので満足。

 

アニメプリパラの曲とサントラが全部入ってる。

劇場版の曲も網羅。

あくまでアニメ曲のみなので、筐体曲や今回のツアー新曲なんかは未収録。

 

個人的に面白いと思うのは、「Make it!」が4回も入ってるところ。

  • らぁらソロリミックス
  • そらみドレッシング
  • そらみドレッシング&ファルル
  • らぁら&なお

の4回。

やっぱりこの曲がないと始まりませんよね。

 

Disc 5の、そらみスマイル3人分のソロ「ドリームパレード」や、かのん・じゅのん・ぴのんそれぞれのソロ版「かりすま〜とGIRL☆Yeah!」も良いです。

よさみのてんこもり。

 

 

まとめ

ジュエル買ったので、僕はまたひとつプリチャンアイドルに近付いたのかもしれません。

女児に還ることの喜びを日々噛み締めております。

筐体版もたのしい。もっと百円入れまくりたい。

 

f:id:jap-live:20190525230136p:image

 

最近だと、まりあちゃんのこの顔がとても性癖に刺さって困ってます。

どう考えてもらぁら&ゆいの娘!

ゆいの身体にらぁらの心(を狂わせたもの)!

そんな可愛いの化身にこんな顔をさせるなんて!なんて罪深いんだ!色欲の罪だ!えっち!

 

これからの活躍が楽しみです。

めるめるとまりあは早くジュエルコーデ着てね。

 

それでは。

GW明けて一週間です

どうも、納経です。

 

平成と令和をまたいだGWが終わって一週間が経過しました。

皆さま、いかがお過ごしでしょうか。

このような木端ブログを覗く余裕があるなら大丈夫ですね。

 

さて、今回は何気に初かと思います、特に何のイベントも紹介もないただの雑記です。

 

僕はなぜかGW終わってから今まで、どんどんと体調を崩しつつあります。

初めはひどい花粉症だと思ったものですが、さすがに症状が重すぎるので、恐らく勤務開始に伴い4月で整いかけた生活リズムが、GWの野放図な生活によってまた崩れ、そのツケが来ているものと思われます。

 

病気というわけではないようで、昨日から悪化が止まり、今が疲労による体調最低値だと言っていいでしょう。

 

ここ最近、やけに気温が高く朝夜は涼しい(寒いといってもいい)ことも関係しているかもしれません。

昨日は家に数匹の蚊がいましたし、聞くところによると山の方では蝉が既に鳴いているとか。

やはりどこか異常だと思います。

 

今週を乗り切ったら、土曜日にはランガちゃんのお渡し会&ミニライブがあります!

ちょー楽しみ。

また至近距離でもっちーのお顔と髪を拝見できると思うと胸が高鳴ります。

それについてはまた記事書くかも。

 

それでは。

コーデチェンジ、スタート!ジュエルパクトを買いました。

どうも、納経です。

ご無沙汰しております。

 

現在、絶賛放送中の「キラッとプリ☆チャン」から4月25日に発売された玩具。

「ジュエルパクトエレガントパープルDXセット」

購入しました。

f:id:jap-live:20190501004413j:image

 

4月6日に梅田へ移転したプリズムストーンにて購入。

¥7,020

 

早期購入特典で、「ときめきのピンクジュエル」のキラッとバージョン、プレシャスミューズピンクキラッとコーデの限定プロモプリチケも貰えました。

 

 

内容物

f:id:jap-live:20190501004429j:image

 

中身はこちら。

・ジュエルパクト本体

・ジュエルブレス用ベルト

・ジュエルネックレス用チェーン

・ときめきのピンクジュエル

・しあわせのゴールドジュエル

・じゅんしんのブラックジュエル

・限定プロモプリチケ3枚(ジュエルパクトコーデ、パクトコード対応)

・取り扱い説明書

 

これに早期購入特典がつきました。

f:id:jap-live:20190501004624j:image

 

このプロモプリチケ、素材が紙なので、スリーブに入れるのに苦労しました。

 

 

ジュエルパクト本体の構造

正面はこんな感じ。

f:id:jap-live:20190501004639j:image

 

真ん中上の金色のボタンはキラッとボタン。

羽根の付け根にある丸い部分にジュエルをセットします。ここはジュエルボタン。

ジュエルは下から挿し込む形でセット。少し固めなので、グイッと押し込みます。

ジュエルをセットすると、羽根が開きます。

 

ジュエルセットが固いのは、羽根のギミックと一体化しているからなので、羽根を手で広げてからジュエルを嵌めるとすんなり嵌ります。

f:id:jap-live:20190501004655j:image

 

ひょ〜!アガる〜!

羽根が開くギミックもそうですが、パープルに金の縁取りという色合いも良い。

キャストのときより高級感がある(実際値段も高い)。

ちなみに、左側の羽根を開いた内側にスピーカーがあります。

 

裏面はこう。

f:id:jap-live:20190501004720j:image

 

上のレバーは手前に倒すことができ、ここを人差し指と中指で挟むことでパクトを握ります。

f:id:jap-live:20190501004731j:image

 

 

ジュエルの認識について

ジュエルの認識ピンは、恐らくビルドドライバーと似たような形。

次の写真は順番に、ジュエルパクトを下から見たもの、ジュエルを裏返して見たものです。

f:id:jap-live:20190501004744j:image

f:id:jap-live:20190501004752j:image

 

ジュエルの裏面には凹凸があり、これが本体の4つの認識ピンを押すことで認識するのでしょう。

ピンは4つなので、ジュエルは全部で16種類ということになりましょうか。

キラッツ、メルティック、アイランジュ、新キャラ3人、とすると残り5人分。

おしゃまとか出そうだなあ。

もしかすると、もっと個別認識数は多いかもしれませんけどね。

 

ジュエルそのものの造形も、僕は結構好き。

ミライクリスタルと張るかな。

 

ツイッター見てるとよくいるのが、ジュエルが逆さまにしか入らない、という言説。

説明書に書いてありますが、ジュエル裏面の認識ピン部分は360度回転しますからね。

ブレスレットやネックレスにするためです。

 

 

ゲームモード

ジュエルパクトは3つのモードで遊ぶことができます。

  1. コーデチェンジモード
  2. コーディネートやってみたモード
  3. コーデパワーモード

 

キラッとボタンを押してモード変更。

各モードの基本的な操作はジュエルボタンで行います。

要注意ですが、ジュエルボタンは長押しが前提であるようです。軽くポンと押したくらいでは反応してくれません。

これは説明書にも書いてないので、もしかしたら初期不良かもしれませんが……

 

また、どのモードにも言えることとして、音声が割とうるさいです。

音量調整はできないので、スピーカーにセロテープを貼るなどして対処したいですね。

(ただ、そうすると騒がしいゲームセンターなどで筐体連携する際に、パクトの音声が聴こえないかもしれないので、そのあたりは臨機応変に)

 

 

コーデチェンジモード

アニメにおけるコーデチェンジ音声を聴くことができるモード。

どのジュエルをセットするかによって、ボイスの流れるアイドルが変わります。

ピンクジュエルならみらい、ゴールドジュエルならまりあ、ブラックジュエルならすず、といった具合。

ジュエルセットの後、プリチケスキャンするんですが、恐らくここで何のプリチケをスキャンしてもボイスは同一だと思われます。

 

ちなみに僕が初めてブラックジュエルをセットしたときは、なぜかめるめるのボイスが流れました(嬉しかった)。

接触角度をなんやかやすると、結構簡単に別ジュエルの再現ができます。

ただ、前に記事にしたプリハートのようにピンを押したままにするのが難しいため、非現実的かな。

 

 

コーディネートやってみたモード

これとコーデパワーモードが、アーケード筺体と連携するのに大切なモード。

 

ジュエルをセットすると、そのジュエルに対応したアイドルからコーデの依頼ボイスが。

それからコード付きプリチケをスキャンしてコーデを作ると、アイドルからの感謝ボイスと「コーデパワー」が1つ貰えます。

 

この「コーデパワー」が5つ貯まった状態でないと、筺体とリンクできないようです。

そして、筺体とリンクした時に着せられるコーデは、コーデパワーを貯めるのに使ったジュエルの種類、それと使ったプリチケの種類で変化するみたい。

50種類以上あるんですって。

 

ジュエルとプリチケがコーデにどのように影響するのか、説明書に書いてあるんですが、アンジュさんが「ここだけのトップシークレット」と言っているので書かないでおきます。

 

 

コーデパワーモード

コーディネートやってみたモードでコーデパワーを5つ貯めたら、次はこちら。

筺体のコーデ画面で使うモードですね。

 

限定コーデを使うには、ジュエルパクト裏面のハート形のところを筐体のスキャナーに当て、ジュエルボタンを約3秒間押し続ける、という作業が必要です。

f:id:jap-live:20190501005720j:image

 

そのため、QRコードさえあればそのものを持っていなくても使えたプリチャンアプリと違って、限定コーデを使うためにはジュエルパクト本体を持っていかないといけません。

きっちりコピー対策してきましたね。

 

しかし、ツイッターを見ていると、このスキャン認識がなかなか曲者らしく、失敗すると練習着でライブしなければならないのみならず、またコーデパワー貯め直し。

 

パクトのコーデでライブすればプリチケ化できるみたいなので、よく使うコーデや好みのコーデはプリチケ化しておいた方が取り回しが良いですね。

 

 

実際に遊んでみる

コーデチェンジだけ動画をあげようと思います。

初の試み。

使用するジュエルは「ときめきのピンクジュエル」

使用するプリチケは「ジュエルパクトワンピ」

パクトコードやQRコードの関係上、プリチケを抜き挿しするときだけ画面外で作業する瞬間があります。あらかじめご了承ください。

 



 

 

おわりに

今回はプリチャンの新規玩具「ジュエルパクト」の紹介でした。

もう持ってるだけで気分がアガるので、プリチャン視聴者やプリチャンアイドルの方は買うべきでしょう。

(プリチャンアイドルは買わないと時代に遅れてしまいますね)

 

ただ、本体やジュエルに塗装剥げが多く見られた点は残念でした。

恐らく、プラモのパーツを切り離すように、量産したものから個別に切り取ったあとなのだろうと思いますが……

 

これから出るであろうジュエルたち、そしてパクトコード付きプリチケたちも集められるだけ集めたいと思います。

 

それでは。

 

学校の非常勤講師になりました

どうも、納経です。

 

タイトルのとおり、この春から某所高校で国語の非常勤講師として働くことになりました。

昨年の教員採用試験で不合格だったため、講師として経験を積みつつ、再度受験するつもりです。

 

講師としては既に2日間勤務&授業しました。

2つの学校で授業を掛け持ちしているのですが、まだ片方の学校にしか行っておりません。

 

 

初授業

11日の木曜日でした。1時間目から。

出勤すると、先輩教員の方が「自己紹介プリント」なるものを持っていました。

先生が書くのではなく、生徒に書いてもらう方。

 

そんなものを用意する、という考えがなかった僕は、大いに焦りました。

それがあれば春休みの宿題チェックの間の無駄な時間を活かせるやん!

こういうものを用意する時間、あったやん!何しとってん自分!と猛省。

 

急遽、印刷室に積んであるザラ版紙を貰い、A4を8等分して、粗末ながらメモ用紙を作成。

それを配布して書いてもらうことにしました。

 

回収したそれが、まあおもしろい。

自分の高校時代を思い出しました。

 

 

授業そのものは、初回なので自己紹介と宿題チェックでほぼ終わり。

初回から授業に入るなんてことしたら、当時の僕でもイラつくと思います(笑)

 

やはり自己紹介はクラスによってかなり色が出る。

僕への質問が根掘り葉掘り飛んでくることがあれば、一方で静まり返るクラスもある。

おんなじことしか言ってないんですけども。

 

 

心配事

自分の母校が70分授業で、教育実習も母校だったため、高校の授業は70分1コマでしか知りません。

それゆえに、授業時間の感覚が未だに掴めていません。授業計画を立てる際にも、どうしても1コマでやる分を大目に取ってしまいます。

ふつう50分授業だと思うので、追い追い慣れていきたいですね。

 

あと気になるのは、みんな大抵僕より背が高いということ!

黒板に板書してたら、後ろからクスクス笑い声が聞こえてくるんですが、これは僕が必死に背伸びして板書してるのを笑っているわけじゃないと信じたい。

 

 

そして、今現在もっとも心に刺さっているものがこれ。

2回目の授業で、生徒から

「後から見てわかるように板書してほしい」

と指摘されました。

「先生初めてやし仕方ないか……」

とも。

 

ふがいない。

改めて指摘と自分の板書を見比べると、たしかに筋は通っている。

そんなに大問題ってわけじゃないけど、改善の余地が十分にある。

生徒に指摘されるまで、僕はそれに気付かなかった。

非常にふがいない。

 

しかも生徒に気を遣われる始末。

そりゃあ初めて教壇に立つわけですが、それが免罪符にならないことは承知しています。

せめて1学期末には、マシになったと思ってもらえるように精進します。

猛省。

 

 

おわりに

月曜日と火曜日は、2つの高校のうち、もう片方へ出勤します。

こちらへ出勤する前に、前回の経験を生かしてプリントを作成しているところです。

授業準備も練り直しました。

 

あんまりこういう仕事のことをブログに書くのってどうなんだろう、と思うので、これ以降は仕事について記事を書く予定はありません。

今回のも身バレしないか恐る恐る書いてます。

次書くとしたら教採のことかな。

 

日々是精進

それでは。

 

 

キラッとプリ☆チャン ジュエル1弾への移行について

4/13編集&追記

 

どうも、納経です。

 

今回は、キラッとプリチャンのアーケード筐体が4月4日から「ジュエル1弾」へとアップグレードされたことを受けまして、どのような変更がなされたのか、ということを、主に自分用に纏めた記事になります。

 

公式サイトが少し見にくいので、わかりやすくしておこうと思いましてね。

 

いくつかの要素に分けて書いていこうと思います。

 

ジュエル以前のコーデ

ジュエル1弾へとアップデートされたことにより、2018年第1弾〜第6弾のコーデは排出されなくなりました。恐らく。

悲しい。2月3月チャンネルは残ると思ってた。

ナンバリングがリセットされるほどのアップデートが来るの、僕が筐体やり始めてから初めてなので、とても驚いています。

 

そして、高レアリティの一新に伴い、これまで最高レアリティだったKRがなくなりました。

代わりにJR、HRが登場。

JRは(多分)ジュエルレア、HRはハッピーレア。

詳細は後述。

 

また、ちょっとしたことですが、これまでキラチケだったPRがプリチケとして排出されるようになるみたいです。

公式サイトによると「過去のコーデが復刻した場合もプリチケ」らしい。

つまり復刻はあるんやな。よかった。

 

 

4/13追記

どうも、第6弾2月チャンネルのコーデは出るみたいですね。

J1と6弾2月が基本排出。

 

 

プレゼントボックス

こいつが新設されました。

後述しますが、いろいろなところで入手した「ライブ後に発券するものではないコーデやパシャっとアイテム」がまとめてここに送られるようです。

ボックスにあるアイテムをプリチケにするためには、別途100円が必要。

印刷には期限があり、それを過ぎると消滅。

 

え、これアイカツやん。

 

 

ブランドチャンネル

ブランドチャンネルは死にました。

もう存在しません。

 

公式サイトによれば、ブランドランクで入手できるコーデは、入手次第プレゼントボックスに入るとのこと。

これはつまり、もうあの不毛なコーデガチャを回さずとも、ブランドランクを上げるだけでフルコーデが揃うとか、そういうことなんでしょうか。

まだジュエル1弾は1クレしかやってないのでなんとも。

 

 

4/13追記

プレボから印刷でブランドコーデは全て揃うことがわかりました。

 

 

なかよしチャンネル

なかよしチャンネルも存在しません。

原作キャラのフォロチケは、ライブをそのキャラでプレイすればもらえます。

何のコーデを着ているチケかはランダム。

フォロトモポイントは継続で、ポイントでもらったパシャっとアイテムはプレボへ。

 

 

フォロー画面

以前のような「フォロチケをスキャンして、お友達をフォローしよう!」みたいな画面はなくなりました。

代わりに、ライブのグループ結成のとき、初めにスキャンしたフォロチケをフォローする仕様になりました。

つまり、フォローしたければソロ曲は選べず、またフォロー相手のコーデとプレイする楽曲との相性も鑑みなければならない、と。

プレイにある程度の制限がかかってませんか?これ。

 

あと、フォローフォロワー関係でいうと、プリスタグラムもなくなってます。

これはほんまになんでやろ。フォロワーさんからの超いいねや、新規の人から野良いいねをもらったのをわちゃわちゃ会で見るの、わりと好きだったんだけどな。

 

余談ですが、プリパラのときってトモチケの扱いどうでしたっけ。

今で言う「フォロワー」みたいなの、ありましたっけね。また、あったなら最終的にどういう方法で友達になってましたかね。

半年しかプリパラ筐体触ってなくて、もうプリチャン歴の方が長くなってしまったので、覚えてないんです。

 

ライブ関連

ライブでは、やってみたに手が加えられています。

これまでは、ボタン3回のやってみたが2回、ボタン連打のやってみたが1回でした。

それが、ボタン3回の方の2回目がグループアピール(最大1500いいね)に変わっていました。

やることは単なるボタン連打。ですが、やってみたではなくステージ上でのアピールを見ることができます。

 

また、以前は当たる当たらないにかかわらず毎回押していたキラッとボタンですが、毎回は押さなくなりました。

後述する「ジュエルチャンス」や「キラリウムチャンス」のときに使うようなので、それらが当たったときには押す演出が入ることでしょう。

 

 

4/13追記

ソロ曲プレイ時でも、2回目はグループアピールになることを確認。

ひとりなのに。

 

 

新レアリティについて

前述したとおり、JRとHRが新たに登場しました。

 

JR

恐らくジュエル弾の目玉なのだろう「ジュエルコーデ」

1弾では「ときめきのジュエルコーデ」という名前で登場しています。

基本色はピンク。ドレス、シューズ、アクセから成る。

 

入手方法が特殊で、「ジュエルチャンス」と「キラリウムチャンス」の2種類。

 

「ジュエルチャンス」

まず、会員証を使ってプレイすると、「ジュエルパワー」なるものが貯まるそう。

これが5つ集まると、次回プレイのライブ終了時に「ジュエルチャンス」が発生。

だいあが登場し、マイキャラちゃんがジュエルコーデにチェンジ。サイリウムエアリーのようにボタン連打でジュエルをランクアップ&ルーレットを止めてスコアアップ(最大6000)。

それから2人でライブ。

 

ジュエルコーデをドレス、シューズ、アクセの順に獲得できる。

初めはピンクのみだが、フルコーデを獲得すれば他の色のものも入手できるようになる。

 

これ、額面通りに受け止めれば、回数を重ねれば確実にJRコーデは手に入るということですよね。しかもダブりなし。

ホンマか?そんな虫のいい話がホンマにあるんか?

ここは要検証でしょうね。

 

 

4/13編集

 

「キラリウムチャンス」

いうなれば「神アイドル誕生!」とか「スーパーアイドルタイム」とか、あいつらと同じもの。

ライブ後に稀に発生し、好きなジュエルコーデを好きな色で印刷できる。

発生条件は「ジュエルチャンス」と同じ。

「ジュエルチャンス」発生時に、確率でこちらが発生する模様。

 

「キラリウムチャンス」に入ると、だいあが登場、2人でライブするところまでは同じ。

こちらでは最後にキラッとボタンを連打してキラチケ完成。

 

キラッとボタン連打はなかなかキツそう。

連打するように作られてないのでは?と思えるほどぐらつきあるしなあ。

あと単純に連打しにくい。

 

 

4/13編集&追記

ジュエルチャンスとキラリウムチャンスについては、Youtubeに比較動画があるので、そちらを参照するとよいです。

 

HR

ハッピーレアは、これは公式を読んでもよくわからないんですが、どうもコーデに使うと特別なストーリーが読めるのだそう。

書き下ろしプリチケも印刷できるとか何とか。

 

レアリティ的にはPRの上、JRの下、といったところか。

 

 

4/13追記

HRは最高レアリティということになるようです。

JRはチャンスでしか出ないから別枠、ということなんでしょうかね。

 

 

ジュエル1弾の開催期間

ジュエル1弾は、今のところ

「みらいコレクション」4/4〜5/22

「まりあコレクション」4/4〜6/19

「ファントミラージュチャンネル」4/4〜5/22

の3つのコーデ群が排出対象です。

 

「まりあコレクション」は「みらいコレクション」とN、R枠を共有しているので、次回更新でまりあのJRか何かが増えるのでは、と思います。

 

また、4/18〜5/6でイースターチャンネルも開催。

1弾始まってすぐにここまで重ねてくるとは。

 

 

アイテム一覧PDF、配布無し

これまでプリチャンの公式サイトでは、各弾の排出アイテムを一覧化したPDFが配布されていました。

僕もそれをDLしてチェックしていくことで、コーデの所持・未所持を確認していました。

 

しかし

リニューアルした公式サイトには、コーデの一覧PDFがなかったのです。

あれ役立てていたので、なくなると不便です。

また貼ってくれないかな。さもなくば自分で作るしかなくなるけれど、それは面倒なので。

 

 

まとめ

簡潔にまとめようと思ったのに、結局長々と書いてしまった。

 

ジュエル1弾の初プレイ時、だいあが出てきて説明した後、会員証の新しいデザインに更新することを勧めてきたので、更新しました。

f:id:jap-live:20190406033403j:image

かわいい!ゆめかわ!

 

ジュエル1弾で初めて出したプリチケSR「さくらひめももヘアアクセ」ですが、「ジュエルパクトOK」の文字とともに、バーコードのようなものがプリントされています。

これ、もしかしなくてもジュエルパクトと連動するやつですね。

プリチャンキャストがアレだったので、ジュエルパクトはスルーしようかと思ってたんですが、俄然欲しくなりました。

 

購入したら、またレビュー記事でも書こうかと思います。

 

それでは。

 

P.S.

本記事の内容は、かなり憶測が入っており、もしかすると実態と異なる記述があるかもしれません。

もしお気付きの点がございましたら、ぜひコメントいただければ、と思います。